ブログトップ

大前暁政の21世紀の教育記録

akimasao.exblog.jp

カテゴリ:教師修業( 4 )

「時間術」とは何なのか?

f0038779_7231781.jpg◇教師の仕事は多忙と言われます。


 残業が,世界一の水準にあることが明らかになって以来,


 教師の仕事は大変だというイメージがつくようになってしまいました。


 
 
 ◇では, 「余裕たっぷり」な,教師生活を送ることはできないのでしょうか?

 

 答えは,「できる」です。
 




 そのためには,教師は,次の二つのことを学ばないといけません。



 一つは, 「仕事術」 です。


 
 仕事の進め方を知らなければ,余裕は出ません。




 そして,もう一つが,「時間術」なのです。


 ちなみに,「時間術」と,「仕事術」とは違います。



◇ すでに,「仕事術」の書籍は,刊行されています。

 
******************************

  忙しい毎日を劇的に変える仕事術 (大前暁政著)

******************************


 そして,ついに・・・,「時間術」に関する本が出版されることとなりました。






◇さて,教師生活は,大まかに,二種類に分かれます。


 まずは,忙しい毎日を送っていて,「時間が足りない」といつも感じている状態です。

 
 多くの人が,多忙感をもっていることが,各種調査で明らかとなりました。


 そして,もう一種類が,

 
 「余裕たっぷりに,ゆったりとした教師生活を送っている状態」  です。

 


 余裕が生まれると、教師生活はもっと豊かになります。


 



◇ただし, 「余裕のある」教師生活を送るには,



 時間術に関して,次の二つのことを学ばなくてはなりません。


 それは,


①「時間を生み出す工夫」


 と,

 
②「時間の上手な使い方」



 の2つです。



 この2つを詳しく解説したのが,本書です。


  


◇ 余裕のある教師生活を送るには,どうしてもこの二つを知る必要があります。


  世の中には,多くの仕事をやっている中でも,余裕たっぷりに過ごしている人がいます。


  私も最初は不思議でなりませんでした。



  私の周りにいる人で,大量の仕事をしている教師がいました。


  その人は,実は,余裕たっぷりに生活していたのです。


  その秘密を教えてもらい,知ってみると,意外と簡単なことでした。


  しかし,知らないと,ずいぶんと時間を無駄にして生きていくことになります。


  知れば,ちょっとした工夫なのです。
 
  
  しかし, 知らないと,もったいない工夫でもあります。


 
  余裕を生み出すための方法は何か?


  そして生み出した時間を上手に使う方法は何か?


  この両方を知って欲しいと思います。




◇ さて,


  これは,恩師に教えてもらったことです。


 「無駄な時間が膨大にあっても,自分でそれに気付くのは難しい。」



  おそろしい話です。


  無駄な時間。


  この話を聞いてから,ずいぶんと,私も自身の生活を振り返るようになりました。


  無駄な時間,


  これが結構多いのです。



◇ 第1段階は,時間を生み出す方法を知ること。



  これなくしては,人生を,無駄な時間でいっぱいにしてしまうことになるのです。



◇ 時間が生み出せたら,第2段階です。 



  それは,「時間の使い方」を知ること。


  これを知れば,
  

  余裕のある中で,自分のやりたいことに時間を使えるようになります。


 
◇ 特に重要なのは,第2段階です。


  しかし,恩師は,第1段階でつまずいている人がほとんどだと,憂いていたわけです。


  
  まずは,第1段階を,超える必要があります。


  そして,第2段階へと是非進んでほしいと思います。


  拙著「若手教師のための「超」時間術」 (明治図書)では,この両方の段階を示しています。

  

 余裕が生まれると、教師生活はもっと豊かになります。


 時間術は,一生物の宝となることでしょう。




******************************

  残業ゼロで、授業も学級経営もうまくなる! 

  若手教師のための「超」時間術


****************************** 


 教師にとって「時間術」を学ぶことは,そのまま,子どもへの教育の充実に反映されます。


 ぜひ,教師にとっての「時間術」を学んでほしいと思っています。






 
[PR]
by akimasaomae | 2016-10-28 09:46 | 教師修業

ちょっとした工夫が大きな余裕を生み出す「時間術」

f0038779_7231781.jpg◇ 時間術の新著に,続々と,感想が届いております。

  
  ありがとうございます。

  教師のための「時間術」ですので,きっと役立つと思います。



◇ さて,


  これは,恩師に教えてもらったことです。


「無駄な時間が膨大にあっても,自分でそれに気付くのは難しい。」



  おそろしい話です。


  無駄な時間。


  この話を聞いてから,ずいぶんと,私も自身の生活を振り返るようになりました。


  無駄な時間,


  これが結構多いのです。



◇ 第1段階は,時間を生み出す方法を知ること。



  これなくしては,人生を,無駄な時間でいっぱいにしてしまうことになるのです。



◇ 時間が生み出せたら,第2段階です。 



  それは,「時間の使い方」を知ること。


  これを知れば,
  

  余裕のある中で,自分のやりたいことに時間を使えるようになります。

 
◇ 特に重要なのは,第2段階です。


  しかし,恩師は,第1段階でつまずいている人がほとんどだと,憂いていたわけです。


  
  まずは,第1段階を,超える必要があります。


  そして,第2段階へと是非進んでほしいと思います。


◇ 新著,

 「若手教師のための「超」時間術」 (明治図書)

  
  には,きちんと次の二つをちりばめています。



   ①「時間を生み出す工夫」

   ②「時間の上手な使い方」


◇ 余裕のある教師生活を送るには,どうしてもこの二つを知る必要があります。





******************************

  残業ゼロで、授業も学級経営もうまくなる! 

  若手教師のための「超」時間術


****************************** 



 余裕が生まれると、教師生活はもっと豊かになります。

  
 
◇「授業力&学級経営力」 2016年11月号 の巻頭論文に,私が載っています。


 また,表紙にも,写真を載せていただいております。


  

 「授業力&学級経営力」 2016年11月号の特集の内容は,次です。



******************************

 それでも仕事は完璧!教師のための残業ゼロの時間術

******************************



 

 時間術は,一生物の宝となることでしょう。



 
◇まもなく,私の次の新刊が発刊されます。


******************************

 学級経営に活かす 教師のリーダーシップ入門
  
                 大前暁政著(金子書房)


******************************




 こちらは,学級担任のための子どもを率いていく「リーダーシップ」を解説した本です。


 単なる,「子どもを率いる」だけではありません。


 「子どもを導く」,「集団を導く」,「自立を促す」,「学級経営に参画させる」・・・など,

 多岐に渡って,学級担任のリーダーシップを解説して,具体的方法を述べました。


 amazonで予約が開始されています。









 実は,

  
 リーダーシップに関して,理論的+実践的に解説した本は,教育界には少ないのです。


 そこで,本書が生まれました。



 
[PR]
by akimasaomae | 2016-10-25 10:32 | 教師修業

教師のための「時間術」新刊が出ます。

◇教師は,「時間術」を学ぶ必要があります。


 「時間術」は,「仕事術」とは,違います。

 
 時間を有効活用するために,どんな技術があるのか。



 それを知っているだけで,ずいぶんと,仕事を充実させられることがあるのです。


◇「時間術」に関する本を,執筆しました。


 2016年の夏に,明治図書より発刊されます。



 教師にとって「時間術」を学ぶことは,そのまま,子どもへの教育の充実に反映されます。


 ぜひ,教師にとっての「時間術」を学んでほしいと思っています。



◇教育Zineでの,「時間術」に関する連載も始まりました。

******************************

 教師力を一段引き上げる!大前暁政の“欲ばり”時間術(1)

******************************


 この連載では,「時間術」の基本的な考え方に焦点を当てて解説しています。


 まずは,この連載をお読みいただき,そして,実際の方法論を書籍で手に入れてほしいと思っています。
[PR]
by akimasaomae | 2016-06-29 12:23 | 教師修業

落とし穴を教えてくれる本

◇拙著 「若い教師の成功術」(学陽書房) への嬉しい感想をいただきました。


 *****************************
 
  新卒教師が陥るであろう「落とし穴」を事前に教えてくれる本

 *****************************


 なるほど,と思いました。


 確かに,よくある「落とし穴」,「失敗」を事例として紹介しています。

 落とし穴に落ちる前に,前もって「ここが落とし穴だ」と知っておけば,ずいぶん違った教師生活が送れることでしょう。


 私自身,新卒の頃から数年は,「ここに落とし穴があるぞ」という本はないものかと思っていました。

 思いがけず,書評に「落とし穴を教えてくれる本」という評をいただき,嬉しく思いました。


◇今年も4月にたくさんの新卒教師が現場に出てこられます。

 私は母校の大学生に,教師の仕事を教えにいっていたことがあります。

 そのとき,よく次のように言いました。


 「とにかく,本を読んでおくのが大切だよ。一冊でも多く読んでおくんだよ。それが,天国か地獄かの分かれ道だから・・・。」

 
 これには理由があります。

 次のような二つの例を見てきたからです。


 
 ある人は,一年で,ほとんど本を読みませんでした。「真っ白の状態で現場に立ちたい」と言っていた人でした。



 別のある人は,一年で,30冊ぐらいの本を読みました。


 
 一年後の結果は,歴然としたものでした。


 本を読まず,自分だけの経験でやっていこうとした教師の学級は荒れました。
 
 数年後,担任を外されました。
 あまりにも授業と学級経営がひどいということが理由でした。


 
 新卒の学級が荒れるというのは,よくあります。
 
 私が驚いたのは,学生時代,大変優秀な人だったのに,本を読まず,自分だけの経験でやっていこうとした人の学級が荒れたという事実です。
 
 このことは強く印象に残りました。




◇教育雑誌「指導と評価」にて,理科の指導法について紹介することになりました。

 テーマは,「評価・指導の一体化」です。

 特に「思考・判断・表現」に絞って考えようと思っています。

 
 また,そのために本を買って読んでいます。
[PR]
by akimasaomae | 2012-12-01 22:29 | 教師修業