ブログトップ

大前暁政の21世紀の教育記録

akimasao.exblog.jp

マラソン大会に向けて

マラソン大会の練習が一週間をむかえた。
ペースマラソンの練習を続けていたので,今日は本番と同じコースを走ってタイムを計ってみた。

久しぶりに本番どおりのコースを走ったのだが,ほとんどの子が自己ベスト記録が出た。
毎回思うことだが,ペースマラソンをやらないよりも,やった方が体力がつく。
やりすぎはよくないので,適度に運動をするのがやはり一番いい。

ペースマラソンを続けていたので,体に走ることの耐性がついたようである。
驚いたことに,走るのが苦手だと言っていた子が,まるまる一分もタイムを上げたことである。
子どもからは,
「やったぁー!」と歓声が上がった。
マラソン大会は,かつて事故があったので,どんどん減りつづけている。
無理はさせられない。体育を教える時は,無理させるのが一番ダメだと思っている。
マラソン大会をきっかけとして,運動する習慣が身につけば,それでいいと思う。

休み時間は縄跳びをしている。
1月の月目標は,「外に出て運動しよう」である。いい目標だと思う。
クラス全員が外に出て運動している。
しっかりと運動に親しんでもらいたいと思う。
[PR]
by akimasaomae | 2006-01-16 19:04 | 行事・イベント指導
<< 研究授業 学生サークル運営記 >>