ブログトップ

大前暁政の21世紀の教育記録

akimasao.exblog.jp

若い教師が学級崩壊を起こした理由

f0038779_91410.jpg
◇拙著「若い教師の成功術」(学陽書房)は,新卒から5年目までの教師生活を紹介した本です。

 

 有田和正先生をはじめ,様々な先生方から推薦を受けている本です。




 教室で起きたエピソードをたっぷりと紹介しているので,初めて現場に出る方でも,イメージをもって読んでいただけると思います。


******************************
・ 若い教師が,学級経営をする上で気を付けることは?

・ 特別支援を要する子を担任したときの心得は?

・ 授業のチカラを上げるために,たった一つ心がけたこととは?

・ 教師の仕事を充実させるために,必要な姿勢とは?
******************************


このようなことが学べます。



◇本書の最も大切なところは,「若い教師が学級崩壊を起こした理由」が書かれてあるところです。


 日記風に,エピソードを綴っています。


 私は,学級日誌を,新卒の頃からコツコツと書いてきました。


 毎日の教室での出来事を,描写して書いたものです。


 本書を読めば,「教師にありがちな失敗」を回避することができるはずです。



◇本書には,若手ならではの失敗談が数多く出てきます。
 
 
 ですので,そのときの情景が今も思い出され,赤面してしまいます。

 本来なら,自分の若い頃の失敗を隠したいのですが,自分の未熟を乗り越えていくためにも,本の形にしたのです。


◇発刊以来,多くの方に手に取っていただきました。

 
 最近,嬉しい感想をいただきました。


 それは,「本書を読めば,教師の基本的な生き方,姿勢が学べる」,「ベテランでも意外と身につけていない姿勢や,教育への考え方,あり方が本書にある」といったものです。


 現場で教師をしている人にとっては,今の教師生活を少しでも振り返るきっかけになればと思います。


 これから教師になる人にとっては,若いうちから教師生活を成功させるために読んでもらいたいと思います。



→ 「若い教師の成功術」(学陽書房)大前暁政著へ


 




 
[PR]
by akimasaomae | 2013-12-08 09:04 | 若い教師の成功術
<< 子どもを受け身にさせない工夫 授業を変える「ある意識」 >>