ブログトップ

21世紀の教育記録「教師修業」の記録

akimasao.exblog.jp

カテゴリ:新卒教師(新採用教員のために)( 51 )

今年新採用で学校に赴任される方へ (新採用教師,新卒教師のみなさまへ)

◇新卒時代を振り返ってもらい,教員にアンケートをとったことがあります。


 次のように答える人が圧倒的でした。

*************************

 1年目の仕事を甘く見ていた・・・・

*************************




◇教師1年目で失敗する教師は,実は共通することがあります。

*************************

 本を自分で買っていない。


 そして,読んでいない。


*************************
 


◇身銭を切って本を買う。

 
 それも,すぐに役立つ本がいいと思います。





◇この春に読んでほしい拙著を紹介していきます。


 3月から4月のはじめにどれだけの本を読めるか。それが新年度4月からの教師生活を決めてしまうのです。


 以下,読んでおいた方がよいと思える本を紹介します。

 



f0038779_12045330.jpg『教師で成功する術』

大前暁政著・小学館

amazon → 書籍紹介ページ
「失敗例」から学ぶ! それが教師生活を成功させる近道

失敗例を数多く紹介した本です。
実は,成功しようと思えば,失敗例を知っておけばよいのです。
最初の三つの失敗例だけでも知っておけば,困ることは激減します。





f0038779_9404862.jpg『子どもを自立へ導く 学級経営ピラミッド』
大前暁政著・明治図書

amazon → 書籍紹介ページ

学級経営の頂点とは?授業と学級経営を連動させ,子どもを自立へ導くステップを解説

「良い学級とはどのような学級でしょうか?」
良い学級をつくるには,学級経営の頂点の姿を知る必要があります。自分の学級はどの段階まで進んだのか。そして今後,どの段階に進めばよいのか。学級経営の底辺から頂点までのステップを解説しました。

春に近づきランキングも上位に入っています。お手にとっていただいた皆様ありがとうございました。




f0038779_9522336.jpg『若い教師がぶつかる「壁」を乗り越える指導法!』大前暁政著・学陽書房

amazon → 
書籍紹介ページ

手遅れになる前に身に付けたい、ワンランク上の指導技術!

「手遅れになる前に,これだけは学んでおきましょう。」 そうやって,教わってきた内容を紹介した本になっています。若い教師が「壁」を突破し,ワンランク上の教師になるために,必要不可欠な指導法を紹介しています。





f0038779_9571257.jpg『勉強ができる! クラスのつくり方』
大前暁政著・学陽書房

amazon → 
書籍紹介ページ

仕組みを知れば、誰でも「勉強ができるクラス」を実現できる!

勉強ができるクラスには、そのための仕組みが用意されています。本書では、学力を伸ばす道筋、基礎となる学力を上げるための土台づくり、「自主学習」「協同学習」の進め方など、具体的な指導法を余すことなく紹介しました。




f0038779_15592731.jpg『大前流 教師道』大前暁政著・学事出版

amazon → 
書籍紹介ページ

20代でプロ教師になる。その方法とは?

20代でプロの教師になることは可能です。でも,どうやってプロの腕を磨けばよいのでしょうか?本書は,20代のうちにどのような努力をしておけばよいのかの「内容」と「ステップ」を示したものです。教師に必要な8つの力を明記し,その力をつけるための筋道を紹介しました。





f0038779_10105140.jpg『プロ教師の「折れない心」の秘密~悩める教師への50のアドバイス~』
大前暁政著・明治図書

amazon → 
書籍紹介ページ

教師よ負けるな! 悩める教師を導く珠玉の名言・アドバイス

教師が悩み・苦しんだ時に、先輩や恩師の助言・アドバイスによって勇気づけられ、救われることがあります。本書では、そんな「教師としての心を鍛え、励ます」言葉の数々を、悩める先生方への50のアドバイスとしてまとめました。





f0038779_1016781.jpg『若い教師の成功術』大前暁政著・学陽書房

amazon → 
書籍紹介ページ

新卒から5年目までの歩み方

新卒から5年目までの,教師の歩みの記録です。

私の教師生活は,学級を立て直すことから始まりました。

1年目に,学級崩壊した子どもたちを受けもちました。

2年目には,さらに深刻な学級崩壊を経験している子どもたちを受けもちました。

授業の名人として知られた故・有田和正先生が推薦してくださった本です。版を重ね続けています。
若い先生にご紹介くださっている先生,手にとっていただいた先生に感謝申し上げます。





◇上に示した本に加えて,

 「学級づくりスタートダッシュ」(学陽書房)

 「授業づくりスタートダッシュ」(学陽書房)



 の2つは必読です。

 上の二つは,持っている人も多いかと思います。
 
 上の二つは,様々な人が「新卒全員に 配るべき本」と紹介してくださっています。

 ありがとうございます。


[PR]
by akimasaomae | 2017-02-23 12:11 | 新卒教師(新採用教員のために)

手遅れになる前に知っておきたい「教師の知識」とは?

f0038779_10475050.jpg
◇いよいよ,今週末に発刊されます。

*********

 「若い教師がぶるかる「壁」を乗り越える指導法!」

*********







◇本書の内容を一言で言えば,

***************************

 手遅れになる前に,

 教師として学んでおきたい知識を紹介した本


***************************


 です。

 かつての現場では,30代になる前に学んでおきたい指導法というものが存在しました。

 先輩教師が,後輩教師へと,伝授してくれていたのです。

 この伝授が,最近見られなくなりました。


 というのも,現場には20代教師が数多くいて,ベテラン教師の数が減ってしまったからです。

 
 「手遅れになる前に,これだけは学んでおきましょう。」

 そうやって,教わってきた内容を紹介した本になっています。

 もちろん,30代,40代の教師が読んでも,きっと「なるほど」と思えると思います。


f0038779_1048820.jpg

◇ 一足早く,完成本が届きました。

 読んでみての感想。

 何といっても,内容が「濃い」です。

 「手遅れになる前に知っておきたい知識」を網羅しているからです。
 
 内容は授業や学級経営だけでなく,仕事の方法や保護者との関係など,多岐にわたっているからです。
 
 しかも,全183ページ。

 かなりの量です。


 
◇本を買うときの大切な目安は,「ページ数」です。

 是非「ページ数」を確認してから,値段を見てください。
 
 
 中には,ページ数がほとんどないのに,高い本があります。

 これは,気を付けなくてはいけません。

 良い本は,ページ数が多いのに,安いのです。


 時に高いと思える本がありますが,それもページ数を見て下さい。

 200ページ近くある本は,高くなって当然なのです。

 本当は2500円ぐらいから3000円ぐらいの価格になります。

 それを著者の善意で,2000円ぐらいにおさえている場合がほとんどなのです。


◇自分で読んでみて,良い本だと思えました。

 拙著「若い教師の成功術」(学陽書房)  と合わせて読んでいただきたい本です。



◇教育Zineの連載記事がアップされました。


 → 教育Zine マスターしたい指導技術集(23)

    ヒドゥンカリキュラムを意図的に活用する


 著者インタビュー「学級経営ピラミッドって何?」も掲載されています。

 → 教育Zine 「学級経営ピラミッドって何?」へ
[PR]
by akimasaomae | 2015-02-15 10:52 | 新卒教師(新採用教員のために)

「学級経営ピラミッド」という考え方を知る(2)

f0038779_9241044.jpg◇いよいよ,新刊が発刊されます。

*************
 「子どもを自立へ導く  学級経営ピラミッド」(明治図書)
*************



 著者インタビューも掲載されました。


************************

 『「学級経営ピラミッド」って何?』 

************************


 毎年のように,荒れた学級を受けもつ教師がいます。

 力のある教師です。

 その教師は,荒れた学級を1年で,生まれ変わらせることができます。

 荒れの雰囲気は,教室からすぐになくなります。

 頑張る子や,前向きな子がどんどん増えていきます。


 毎年,毎年,荒れた学級を立て直すことができるのです。


 これはいったい,どうしてでしょうか。


◇実は,優れた教育実践を行ってきた先人は,ある「筋道」に従って,学級経営を行っているのです。

 その「筋道」を知ることで,どんな人も,荒れた学級を生まれ変わらせることができるのです。

 
 つまり,学級には,成長の段階があり,その成長段階によって,指導法が異なってくるのです。


 本書は,学級の成長段階と,それぞれの段階における具体的な指導法を示しました。


 本書の内容を少しだけ講演会で紹介しました。

 その際,ベテランの先生方の感想の中に,以下のような感想がありました。


 「今まで無意識でやっていたことが,理論的に整理されていました。「学級経営ピラミッド」という概念を,もっともっと若いうちに知っておけば,意図的な指導ができたのにと悔やまれます。」

 「よい学級と,荒れた学級,普通の学級・・・,いろいろな学級がなせ生じるかといえば,学級の成長段階が違うのですね。しかも,学級の段階によって,指導法も異なってくる。これは目からウロコでした。」

  「学校の教員全員が,「学級経営ピラミッド」という考え方を知っていれば,学校での協力体制がもっと強力に推進していけると強く思いました。学級経営には,それぞれの段階があることを知っていれば,引き継ぎでも,どの段階かを話せるし,学期途中でも,指導法の連携ができると思いました。」

 「学校の教員全員に配りたい。初任者研修で,全員に「学級経営ピラミッド」の考え方を知ってほしい。新刊が出たら,新卒教師全員に配布すべきだ。」


 

 「荒れた学級を立て直せますか。」

 
 こう問われて,自信をもって「立て直せる」と答えられるようになる。

 本書はそのための本です。
 
 最近は,新卒教師でさえも,荒れた学級を受けもつことが多くなりました。

 新採用教師,新卒教師,関係なく,荒れた学級を担任するようにお願いされるのです。

 なぜかといえば,荒れた学級が多くなったからです。


****************************

 全員の新採用教師に配布したい本→「学級経営ピラミッド」(明治図書)

****************************


 いよいよ明治図書から発刊となります。


[PR]
by akimasaomae | 2015-02-11 09:10 | 新卒教師(新採用教員のために)

1年目からいきなり子どもを伸ばす

◇1年目からいきなり子どもを伸ばすために,2冊の本を紹介します。


 1冊目は,「20代でプロの教師になれる」(学事出版)です。

 本書は,2015年3月に,リニューアル版が発刊されます。

 リニューアル版の名前は,次の通りです。

*****************************
 
「大前流教師道 夢をもちつづけることで教師は成長する」
                    (学事出版)
*****************************

 

◇さて,「プロの条件」とは何でしょうか。

 様々な条件がありますが,たった一つに絞るなら,次のように考えています。

 「教室の子どもを一人残らず,全員をできるようにしてやること」

 8割の子どもに,力をつけることは,比較的簡単です。
 
 教師としてのチカラが未熟でも,それなりにできる子を伸ばすことはできます。

 難しいのは,残った2割の子をできるようにすることなのです。

 
 例えば,水泳。
 
 子どもに,25mを泳ぐ力をつけるとします。
 
 8割の子に,25mの力をつけるなら,教師の「普通の努力」で,何とかなるでしょう。

 ところが,残った水泳嫌いの2割の子に力をつけるのが大変なのです。

 ある子は,水泳が嫌いだからと,水着を忘れてプールに入らない・・・。

 別の子は,水に入ることすら嫌がっている・・・。
 
 運動が極度に苦手な子もいます。



 クラスに40人いれば,様々な子がいます。

 教師の仕事は,『子どもの可能性を引き出し,伸ばす』ことだと考えています。

 その40人全員の「可能性を引き出し,伸ばす」ことができるかどうかが,プロとアマの違いだと考えています。


◇拙著『20代でプロの教師になれる』は,新卒教師が20代でプロの教師としてのチカラを身に付けるまでの筋道を示した本です。


 残念ながら,新卒教師はペーパードライバー以下の実力しかないのが実情です。
  
 というより,「自分はペーパードライバー以下なのだ」と自覚することから教師としての修業はスタートするのだと思います。

 
 学級で起きる数々のトラブルは,実は自分の力量がないことの反映なのだと考えています。

 
 プロの教師に共通しているのは,「教師としての力量が高い」+「人間性がすばらしい」ということの2つが挙げられます。


 本書では,具体的に,どういう努力をすれば良いのかを,8つの条件として示しました。

 そして,8つの条件に対し,どのような努力をすればよいのか?

 その答えを,実践で示しています。

 若い未熟な教師が,プロとしての力量を身に付けるまでの一つの筋道です。


 力量をあげたい方の一つの参考になれば幸いです。
 


◇2冊目の本は,「若い教師の成功術」(学陽書房)です。

 新卒教師が,新卒1年目の余計な失敗を回避するには,失敗例を数多く知ることが大切です。

 残念ながら,そんな本は皆無です。 

 それはそうです。 誰もが失敗の記録を残したくないですから。


 拙著 「若い教師の成功術」(学陽書房) は,失敗例を記している希有な書物です。


 本書では,新卒から5年目までの教師生活を描写しています。

 
 私の教師生活は,学級を立て直すことから始まりました。

 1年目に,学級崩壊した子どもたちを受けもちました。

 2年目と3年目には,さらに深刻な学級崩壊を経験している子どもたちを受けもちました。


 チカラのない私には,過酷な日々が待っていました。


 どうやって,子どもたちを変えればよいのか模索する毎日でした。

 

◇・・・ところが,ある努力をしたおかげで,過酷だった教師生活は,一変します。


 不登校だった子どもは学校に来るようになりました。

 特別支援を要する子が,授業で活躍するようになりました。

 1年間を終えての保護者会。ある保護者は,涙を流しながら,感謝の言葉を述べられました。


 新卒当時,私はチカラのない教師でした。

 そんなチカラのない教師でも,努力の方向性さえ間違えなければ,子どもを伸ばしていけることがわかったのです。


 本書には,若手ならではの失敗談が数多く出てきます。

 日記風にエピソードを紹介した本です。

 なので,そのときの情景が今も思い出され,赤面してしまいます。

 本来なら,自分の若い頃の失敗を隠したいのですが,自分の未熟を乗り越えていくためにも,本の形にしたのです。

 本当は,あまり読んでもらいたくないのです。


 教室で起きたエピソードをたっぷりと紹介しているので,初めて現場に出る方でも,イメージをもって読んで頂けると思います。
[PR]
by akimasaomae | 2015-01-24 10:18 | 新卒教師(新採用教員のために)

教育学部の4回生がすべきこと ~教師としてのルーツ~

f0038779_8265437.jpg

◇拙著 「プロ教師の「折れない心」の秘密」(明治図書) への御感想,たくさんありがとうございました。

 実は,この本の中には,私の教師としてのルーツが書かれているページがあります。

 拙著の中でも,ルーツを書いたものは少なく,そのことへの御感想もいただきました。

 
 「どういう教師でありたいのか。」


 こういった問いには,教師なら,常に向き合っていかなくてはならないものです。


 教師としてのあり方を考える上で,きっと本書が役立つことでしょう。


◇教員採用試験に合格した人も,4月までに,どういう教師でありたいのかに向き合うと思います。

 
 また,講師として採用される方も,塾などの教育関係の職に就く方も同じです。


 「どういう教師でありたいのか。」

 
 そして,その続きには,


 「では,どういった教育を実現したいのか。」
 
 「子どもの笑顔をどういった方法で引き出すのか。」


 このような問いにつながっていくはずです。


◇教師としてのあり方を,自分で考え,自分の意思で行動する。

  このような生き方は,今後,とても大切になってくると考えています。

 そして,その行動が,前向きで,かつ,実りあるものであるならば,充実した教師人生になることでしょう。
 
 今,書籍の企画で,「教師自身が,自分自身の道を歩む」といったテーマを考え,具体化しているところです。

 特に,この4月に現場に出られる先生方,教育学部の4回生がすべきことは,次のことです。

******************************

   教師としての,自分の生き方を考える時間をとる

******************************


 「どういう教師でありたいのか。」を考える時間を確保するのです。


 もちろん,教員採用試験が終わって,かなり疲れている人も多いと思います。

 
 卒論のことで忙しい人もいるでしょう。


 でも,現場に出たらもっともっと,忙しくなります。


 現場に出るまでの3月終わりまでに,どれだけの本と出会えるかが勝負です。


 このサイトを見ているというだけで,一つの奇跡のような確率で,出会いがあったわけです。

 一つ一つの出会いを生かせるかどうか,どう生かすかで,ずいぶんと今後が違ってくるはずです。


◇残念ながら,本を読んでいた人と,読んでいなかった人の差は,年々広がっていきます。

 おもしろくてためになる本を,探せるかどうかが,鍵です。

 おもしろくてためになる本に出会うことは,大変にラッキーなことなのです。


 
[PR]
by akimasaomae | 2014-09-26 08:29 | 新卒教師(新採用教員のために)

『プロ教師』シリーズ

「若い教師の成功術」(学陽書房) が,増刷されます。


 多くの方に手にとっていただいていること,大変ありがたく思います。


 この春は,理科シリーズをはじめ,学級経営や仕事術,授業関係の書籍も,のきなみ増刷となりました。

 
 教育委員会の関係者の方には,初任者研修で読むべき本として,検討していただいているところもあります。


 また,オススメ書として,紹介いただいているところもあります。


 大学によっては,教職センターで,学生に勧めてくださっているところもあります。


 本当に感謝申し上げます。




◇プロ教師シリーズを執筆しているのですが,次の2冊は,姉妹本となっています。


f0038779_11365387.jpgf0038779_113787.jpg









******************************

 ① 「プロ教師の「折れない心」の秘密」(明治図書)


 ② 「プロ教師の「子どもを伸ばす」極意」(明治図書)

******************************
 
 どちらも,プロ教師の「技」を,広く世に広めることが目的で執筆した書です。


 プロ教師の「技」は,次の世代に伝承すべきものです。


 ところが,プロの腕は,「隠し財産」のように,一部の人たちだけで共有されている場合もあります。

 「技」を知ろうとしても,その機会がないといったこともあります。


 現場には,若手教員が増えてきました。


 「技」の伝承を,本当は大学でなされるべきです。



 ですが,そういうシステムになっていない以上,初任者研修で伝える必要があるでしょう。


 特に,優良図書を指定して,読ませるという取り組みは大切です。


 本を読まない教師が増えていると言われます。


 本を読む人と,読まない人の差は,どんどん広がっていくでしょう。


 
[PR]
by akimasaomae | 2014-05-30 11:40 | 新卒教師(新採用教員のために)

メンタルトレーニングを教師の世界に

f0038779_14185883.jpg

◇ 新刊「プロ教師の「折れない心」の秘密」(明治図書) への取材がありました。

 新聞記事や,雑誌の記事として掲載される予定になっています。


 取材の中で,「この本のコンセプト」を尋ねられました。

 そのときに話したのが,次のコンセプトです。


 **************************

  スポーツの世界で言う「メンタルトレーニング」を教師の世界に

 **************************


 メンタルトレーンニングと言われると,つい,「ストレスマネジメント」のことだと思われがちです。


 しかし,メンタルトレーンニングには,他の手法もたくさん存在します。

 
 例えば,目標を高く描く心のもっていきかたであったり,自分を鼓舞するやり方であったりします。


 こういったメンタルトレーンニングは,スポーツの世界では,当たり前に取り入れられています。


 ビジネスの世界でも,取り入れられています。


 では,教師の世界ではどうでしょうか。


 大学でも,教師の研修会でも,どこでも,メンタルトレーンニングの手法を教わることは,皆無なのです。


 そこで,今回の書籍で,教師全員が,「メンタルトレーンニング」の手法を学べるようにすればよい,と思って,執筆したのです。



◇教師には,教師ならではの,メンタルトレーンニングが必要です。

 ストレスを感じたからといって,そこから逃げるわけにはいかないのが,教師だからです。


 教師ならではの格言,助言を紹介し,具体的に教師がどう問題に対処したのかのエピソードをともに入れたのが,本書の持ち味なのです。


 教師全員,とくに若い教師の方々には,是非,本書を教室などに置いておいてほしいと思っています。


 
 

◇明治図書の連載記事がアップされました。

 **************************

 マスターしたい指導技術集(14) 

 **************************


 これからの連載では,学級経営や子どもへの対応を中心に,執筆していく予定です。

  
 是非,ご覧いただけましたら,ありがたく思います。

 
 明治図書の拙著のページへの,応援メッセージも,本当にありがたく思います。

 書評欄にコメントいただけましたら,幸いです。

 
[PR]
by akimasaomae | 2014-05-15 13:20 | 新卒教師(新採用教員のために)

御感想ありがとうございます。

◇「プロ教師の「折れない心」の秘密」(明治図書)への,御感想をたくさんいただいています。

 本当に感謝申し上げます。

 
 今週,「小学校教師用ニュースマガジン」にて,蔵満先生にご紹介いただきました。

 
 心より御礼申し上げます。

 
 ありがとうございました。


 **************************
 
  「小学校教師用ニュースマガジン」 おすすめ本の紹介
 
 **************************



◇福山 憲市先生から,御高著をお送りいただき,読ませていただきました。


 「スペシャリスト直伝! 学級づくり“仕掛け"の極意 ―成功に導くキラー視点48―」(明治図書)


 学級づくりのための,大切な,大切な「技術」が,これでもかと網羅されている書でした。
 
 こういった,微細な技術に,実は,教師の熱意や真心が現れるのだと思っております。

 
 例えば,学級通信が載っていて,その内容に私は大変驚きました。

 子どもひとりひとりを見取って,それを子どもに返していく,前向きな気持ちを引き出していく手立てが書かれてあったからです。


 このような,細かな,でも,大切な「仕掛け」こそが,私は最も大切なのだと考えています。

 
 知っているとできるものも数多くあり,知っているのと知らないのとでは,大変な違いが出ることでしょう。
 
 
 非常に密度が濃い1冊と感じました。

 
 是非,ご一読をお薦めします。



◇明治図書の公式ホームページ上の,記事連載が続いています。

 **************************
 
  「意外とできていない教師のコミュニケーション」
  
 **************************


 4月分の記事も,もうすぐアップされる予定です。


 引き続き,若い教師でも使える方法を紹介していこうと思います。



 最近は, 少し,「教師教育」観が,変わってきています。
 


 「よく考える人であれば,教師の仕事はできる」とか,

 
 「よく反省する人であれば,教師の仕事はできる」とか・・・,

 
 それで,もし,教師の仕事がうまくいかなかったら,次のように批判されるのです。


 「考えていないからだめだ」,「反省していないからだめだ」


 本当にそうでしょうか?


 人間,誰しも,「考え,反省」しているものだと思うのですが・・。


 大人同士の会話の中で,「あなたは反省をしていないから,だめなのだ」といったような駄目出しをされている教師もいるのです。


 人をそんな風に評価できることに,恐れおののいてしまいます。
 

 私の恩師なら,絶対に,こういったことを頭の片隅にも考えないと思います。

 
 私も,こういったことは,思考の外の話です。

 若手を見ていて,そんなことを思ったことはありません。

 
 教師の仕事がうまくいくかどうかは,「方法を知っているかどうか」の違い,だと考えています。
 
 
 教えられないシステムが,悪いのだと考えています。


 教えられないシステムである以上,教師は,「自分で学ぶ」しか道がないのです。


 若い先生方は,この時代の流れに負けないようにしてほしいと思っています。
[PR]
by akimasaomae | 2014-04-12 12:28 | 新卒教師(新採用教員のために)

新採用教員,新卒教師のための「仕事マニュアル」

◇私のホームページを更新しました。

 以下のリンクから行くことができます。

 「21世紀の教育記録」
 http://www.nexyzbb.ne.jp/~omae/index3.htm
 


◇そのホームページの中に,新しいページをつくりました。

 新採用教員,新卒教師のための「仕事マニュアル」


 最初の1年で,どんな準備をし,どのように仕事をしていけばよいのかをまとめたページです。


◇仕事のやり方は,あまり先輩は教えてくれません。

 自分から聞きにいかないといけないのです。

 ところが,ここで,一つ困ったことが起きます。

***************************

若いうちは,何を質問すればよいのか,それすらわからない。

***************************

 ある程度,仕事を進めていって,全体像をつかんでおけば,質問内容も浮かびます。

 でも,未知の仕事に関して,何か質問してと言われても,質問すらが,浮かばないのです。

 
 例えば,科学研究の仕事では,蛍光X線分析装置をつかって,化学組成を調べる仕事をします。

 「じゃあ,蛍光X線で分析しておいてね。」と4月から言われても,「何???」といった感じになります。

 何から質問すればよいのかすら分からない状態です。

 どの会社でもそうですが,まったく仕事のイメージがわかない状況では,こういったことが往々にして起きてしまいます。 


◇そこで,仕事のマニュアルが必要になります。

 ということで,これまでに書いてきたマニュアルを,ある程度重要なものに絞って,まとめました。

 先輩教師からは,あまり教えてもらえないようなことに絞って,紹介しています。



◇もうすぐ,私の新刊が出ます。


***************************

 『プロ教師の「折れない心」の秘密』 大前暁政著 (明治図書)

***************************

 「教師の心を育てる」というテーマの書です。

 過酷な現場でも,楽しく教師生活を送るには,どういう心構えで過ごせばよいのか。

 私が様々な先達,先輩から受けてきたアドバイスをまとめました。

 明治図書のホームページの,新刊書籍一覧に掲載されています。

 → 「明治図書」のホームページへ
[PR]
by akimasaomae | 2014-02-23 18:17 | 新卒教師(新採用教員のために)

新採用教員(新卒教師)のための「5種の神器」(2)

◇ (・・・前回の続きからです。)


 さて,それでは,新採用教員は,どんな本を読んでおけばよいのでしょうか。


 新学期までの,2月~4月上旬の二ヶ月間で,読むべき本です。


 これは,「現場へのイメージ」が豊かになるものがよいでしょう。


 もっと言えば,現場のことも分かり,しかも「すぐ現場で使える」とか,「役に立つ」といった本がよいでしょう。



◇「現場へのイメージが豊か」になり,かつ,「「すぐに現場で使える」,「役立つ」本は,探せば見つかります。


 本屋に行って,良い本に出会ったらラッキーです。


 本は出会いですので,一度出会ったら,手に入れるべきです。


 いいなと思って,後で買おうと思っても,題名を忘れたり,本が売り切れたりすることがよくあります。


 出会ったその日が,チャンスです。


◇では,具体的に,どんなジャンルの本を手に入れたらよいのでしょうか?


 これは,5つのカテゴリーに分かれます。


 1 授業
   
  ①授業の力を上げるための書
 
  ②教科指導
 

 2 学級経営

 3 子どもへの対応・特別支援教育

 4 仕事術

 5 教師の心を育てる


 つまり,この5つのカテゴリーに入る書を手に入れることが,新採用教員にとっての,「5種の神器」となるわけです。 



◇実は,拙著も,このカテゴリーに分けて書かれています。


 これだけ読んでおけば,とりあえず大丈夫だという本を紹介します。



 1 授業

  ①授業の力を上げるための書
 「プロ教師直伝!授業成功のゴールデンルール」(明治図書)

   
 「必ず成功する! 授業づくりスタートダッシュ」(学陽書房)

   
 
  ②教科指導
 
 「なぜクラスじゅうが理科のとりこなのか」シリーズ(教育出版)

 「スペシャリスト直伝!理科授業成功の極意」(明治図書)

 「どの子も必ず体育が好きになる指導の秘訣」(学事出版)

 
 2 学級経営

 「必ず成功する! 学級づくりスタートダッシュ」(学陽書房)


 「子どもを自立へ導く 学級経営ピラミッド」(明治図書)


 3 子どもへの対応・特別支援教育

 「プロ教師の「子どもを伸ばす」極意」(明治図書)

 「学級担任が進める通常学級の特別支援教育」(黎明書房)


 4 仕事術

 「忙しい毎日を劇的に変える仕事術」(学事出版)

 「仕事の成果を何倍にも高める教師のノート術」(黎明書房)


5 教師の心を育てる

   
 「若い教師の成功術」(学陽書房)

  「プロ教師の「折れない心」の秘密」(明治図書) 




◇手前味噌ですが,多くの本を読んでの,実感です。

 
 最近は,体育指導が苦手な人が増えています。

 特に,水泳を教えられない人が多くいます。


 水泳は,小学校では必ず教えないといけません。

 というより,水泳の教え方を知らないから,事故が起きてしまうのです。

 教師は,命を預かっているという重大な責任がありますから,

 最近の教員採用試験では,水泳の指導ができるかどうかで,かなりチェックが入るようになっています。



◇理科の指導が苦手な人も増えています。

 拙著の「なぜクラスじゅうが」のシリーズは,授業のライブで,教師の発言もそのまま書いていますので,

 そっくりそのまま,真似ができます。

 真似ができるからこそ,即役立つというわけです。


 真似から始まって,自分なりの工夫を加えていくと,きっと良い授業ができることでしょう。


◇特別支援教育も必須の知識です。

 学級担任のための本があれば,重宝するはずです。



 これらの5種類のカテゴリーの書を,いろいろと本屋で探してみて,一番良い物を選べばよいと思います。


 
◇「プロ教師直伝! 授業成功のゴールデンルール」(明治図書)の書評が「国語教育」誌などに掲載されました。

 書評① 「プロ教師直伝! 授業成功のゴールデンルール」(明治図書)

 書評② 「プロ教師直伝! 授業成功のゴールデンルール」(明治図書)

 感謝申し上げます。

  
[PR]
by akimasaomae | 2014-02-04 09:56 | 新卒教師(新採用教員のために)