ブログトップ

21世紀の教育記録「教師修業」の記録

akimasao.exblog.jp

カテゴリ:教師の心を育てる( 3 )

教師の仕事に迷ったときに

f0038779_10325065.jpg◇教師の仕事は,責任が重いものです。


 人を育て,教え,導く,という仕事だからです。


 神様にしか許されないような仕事を選んでいるのです。


◇心ある教師ほど,悩みも多くあるものです。


 子どもとの関係に悩むこともあるでしょう。

 
 保護者との関係に悩むこともあるでしょう。


 同僚との関係に悩むこともあるでしょう。

 
 悩みとは,人間関係から生まれるといったのは,アドラーですが,

 教育の仕事は,人と人との関係の中で進めていくものです。

 人との関係の中で,悩むことは多々あるはずです。


◇他にも,教育者としての苦悩もあるでしょう。

 「自分の教育方法は,これでいいのだろうか。」

 「子どもが変わらない気がする。子どもが成長していない気がする。これで教師としてやっていけるのだろうか。」



◇様々な悩みを抱えたとき。


 きっと,先輩からの助言が役立つはずです。


 明治図書から, 「プロ教師の「折れない心」の秘密」 が出版されています。


 この本は,教師版の「メンタルトレーニング」の本です。

 先輩からの助言を入れたものです。

 
 教師という仕事に悩んだとき,是非,本書を手にとってほしいと思っています。


 たった一つの言葉で,心が軽くなるということがあるからです。


◇本書 「プロ教師の「折れない心」の秘密」  には,次のようなことも載っています。


 ① 私が教師として大切にしてきた 10の「心の方針」

 ② 私の教師としてのルーツ

 ③ プロとしての心得


 
 特に,私自身が,教師として働くことになったときに決めた 10の「心の方針」は,

 本書で初めて公開したものです。

 
 きっと,悩める教師の皆様に役立つと思っています。

 教師をやっていれば,晴れの日ばかりではありません。

 雨の日もあれば,嵐の日もあります。


 そんなとき,この10の「心の方針」を読み返して,歩むことを続けてきました。


 教師を辞めようと思うほど悩んだとき。

 是非,本書を一読してほしいと願っています。


◇明治図書の連載記事,7月号がアップされました。

 **************************

 マスターしたい指導技術集(16) 
 
         「教師一人 対 集団」の限界


 **************************

今回は,集団の統率の仕方について書きました。

 大学の講義では,学生からのQAという時間があります。

 このQAの時間は,90分のこともあれば,45分ぐらいのこともあります。

 学生のQに対して,瞬時に,全員が納得する答えを示せなくてはなりません。

 このQAから派生して,いろいろな原稿が生まれています。

 このQAの時間を,とても楽しみにしています。

  
[PR]
by akimasaomae | 2014-07-15 10:37 | 教師の心を育てる

過酷な新卒・新採用1年目 負けないために ~「プロ教師の「折れない心」の秘密」~

f0038779_11414686.jpg◇『プロ教師の「折れない心」の秘密』が発刊され,徐々に本屋に並んでいるようです。

  
 本書が,新学期前の3月に発刊できたことは,大変よかったと思っています。

 
 4月からの新しい生活をスタートする前に,是非,本書を読んで,「プロ教師の心とは?」を学んでほしいと思います。

 
 

佐藤正寿先生のブログでも紹介して下さっています。


 
 ブログ 「地域のよさ・日本のよさを伝える授業」



山中伸之先生が,「kyositu.comニュース【小学校教育総合情報誌】 」でご紹介下さっています。


 
 kyositu.comニュース【小学校教育総合情報誌】

 

 山中先生は,この3月に新刊を出されています。

 「忙しい学級担任のための学校行事のダンドリ術!」(学陽書房)

 段取りでずいぶんと仕事の中身が濃く・楽になることがよく分かります。



 糸井登先生,ブログでのご紹介ありがとうございました。
 
 温かい御言葉をいただき,感謝申し上げます。



 「学校から新しい風を!」~「プロ教師の折れない心の秘密」
 



 八巻寛治先生にも,ご紹介いただきました。大変嬉しく思います。ありがとうございます。



 
 
 
 やまかん日記
 



 
 また,学びの場.comでは,「必ず成功する!授業づくりスタートダッシュ」(学陽書房)が,良書として推薦されています。


 「学びの場.com」


 
 
 本当にありがとうございます。感謝申し上げます。


 


◇学校現場は,かつてとは,まったく違った様相を見せています。


 ゆったりと流れていた時間,


 少々のことを許してくれていた,地域と保護者,


 そういった雰囲気はなくなってしまっています。


 過酷な現場になってきているのです。



◇現場の「荒波」を乗り越えられるかどうかは,次のことで決まります。


******************************

 準備をしてきた人だけが,現場の「荒波」を乗り越えられる

******************************




特に,教師の「メンタル面」は,誰も教えてくれません。

 
 
 「プロ教師の「折れない心」の秘密」は,教師のメンタル面を鍛えるための書です。

 
 私自身も,教師のメンタル的な面は,研修や大学で教わったことはありません。

 
 全て現場で出会った,力ある教師の 「背中」や「言葉」 から学んできました。
 
 
 
 そういった意味で,本書は貴重な情報が詰まっていると思います。


 メンタル面をしっかりと育ててから,現場に出てほしいと願っています。


 


◇実は,大学でも,さっそく,本書を推薦していただいているところもあります。


 現場に出る4回生は,もう大学を巣立っていきます。


 巣立つ前の,この10日のうちに,少しでも,学生に情報を与えようとしてくれている大学があるのです。

 

◇現場は過酷になったと言いました。


 残念ながら,現場に出てから準備をしていては遅いという状況になってしまっています。

 
 現場に出る前に,準備をすべきなのです。


 担任が決まったらば,その学年の教育書を,一気にそろえるのです。


 私はダンボール箱に,買ってきた教育書を入れて,それを教室に運びました。

 
 それが,赴任時に,いつも最初にやっていたことでした。

*****************************

 4月,教室に運び込んだ「ダンボール」。

 そのダンボール箱に,どれだけの教育書を入れているかによって,

 1年が決まります。


*****************************


◇教育Zineの原稿がアップされました。
 
 以下のリンクで,見ることができます。



 明治図書  教育Zine「マスターしたい指導技術集(12)」  



 今回のテーマは,「意外とできていない教師のコミュニケーション」です。


 全12回の連載でした。

 
 プロになるならば,できてほしい「指導技術」を紹介してきました。

 
 4月からも,連載が続くこととなりました。


 本当にありがたく思っています。
[PR]
by akimasaomae | 2014-03-23 18:48 | 教師の心を育てる

プロ教師の「折れない心」の秘密

f0038779_10152132.jpg ◇新刊が明治図書から発刊されます。

***************
 『プロ教師の「折れない心」の秘密
~悩める教師への50のアドバイス~』

***************


◇本書は,過酷な現場でも,心が病まないようにするための書です。

 

 
 心の病で,退職する人は,数多くいます。


 そうならないようにするためには,教師の心を鍛える必要があります。


 ところが,教師のメンタル面のことは,大学教育はもちろんのこと,現場の研修でも,ほとんど扱われることはありません。


 かろうじて,病休になる寸前に,メンタルサポートや,メンタルヘルスが受けられる仕組みがあるだけです。

 病気になってから,ストレスマネジメントや,メンタルコントロールの手法を学んでも遅い,というのが現状です。


 「教師が不登校になってしまう。」

 そんな時代が,もう来ているといっても過言ではありません。


◇実は,誠意ある教師ほど,悩みも多く持っています。


 一生懸命,誠意を込めて仕事をしているからこそ,子どもとの関係や保護者との関係をよくしようと,悩むものなのです。


 心ある教師が,これ以上,現場から去っていくと,早晩,学校現場は崩壊します。


 特に,1年目で教壇を去ってしまう人がいることが問題となっています。



 悪いのは,新採用教師ではありません。


 メンタルコントロールを教えられない仕組みが悪いのです。



 教えられないなら,自分で学ぶしか道はありません。



◇ 本書は,プロの教師の心の持ち方を紹介した本です。
 

 折れない心をどうやってつくっているのかを紹介した本です。


 私も多くの先輩方のアドバイスがあったおかげで,どんなに過酷と思える状況でも負けずにやってこれました。

 先輩方のアドバイスは,きっと教師としての折れない心をつくるのに役立つはずです。



◇毎年,3万人の新採用教員が現場に出てきます。

 3万人,全員に本書を配りたい。

 そのように考えているほどです。

 実力あるベテラン教師ですらが,精神疾患になり,休職していくのが現代の学校現場です。

 現場は,甘くはありません。

 準備をしていた人だけが,かろうじて乗り越えられる「荒波」です。


 この過酷な現場を乗り切るために,全員が本書の存在を知ってほしいと願っています。


 そして,『若い教師は,学級崩壊を起こすのが当然,悩むのが当然』といった世間一般の風潮を覆したいと考えています。



◇明治図書ホームページ「教育Zine」でも紹介されました。

************************
 悩みある先生方へ「折れない心」のアドバイス
************************

 新卒教師マニュアルが新しくできました。

************************
 新採用教員,新卒教師のための仕事マニュアル
************************
[PR]
by akimasaomae | 2014-03-04 10:20 | 教師の心を育てる