ブログトップ

21世紀の教育記録「教師修業」の記録

akimasao.exblog.jp

学習発表会を成功に導くには?

◇今年も学習発表会を行った。
 参観者は、60名ほど。
 
◇与えられた時間は40分。
 ここ7年間、与えられた時間ピッタリに必ず終わっている。
 不思議だが、本当に時間「ピッタリ」に終わる。
 チャイムと同時に、終了という感じ。

◇時間ピッタリに終わると、何かと都合がよい。
 例えば、次の学年の発表に、保護者が間に合うという点。
 さらに、仕事の都合などで無理をして来られている方もいる。
 時間を守るのは、意外と大切だ。

◇なぜ、時間ピッタリに終わるのかというと、理由がある。
 それは、子どもの中に、体内時計ができているからだ。
 練習を100回ほどすると、時間感覚が生まれてくる。
 プレゼンの経験がある人はわかる。
 「今、1分が経過した。」
 「後、30秒ぐらいだな。」
 こういうことが自然にわかるようになる。

◇だから、1班で、5分の発表なら、5分ピッタリで終えることができる。
 6班あれば、30分ピッタリで終わる。
 歌と合奏をして40分というわけである。

◇それにしても、子どもは進んで何度も練習するようになる。
 これは、どんな子でも同じである。
 かつて、学習発表会には絶対に参加しなかった子がいたが、私が受け持ったときだけは、「絶対に参加する」と意気込んでいた。
 これはなぜなのか。
 やはり、子どもが熱中するだけの仕掛けをしていかなくては、こうはならない。

◇「学習発表会のマニュアル」がお役にたてばと思う。

 「必ず成功する!学習発表会の指導マニュアル」
 
 

 
[PR]
by akimasaomae | 2008-12-17 22:06 | 行事・イベント指導
<< 書く力を養う方法 理科のネタ >>