ブログトップ

21世紀の教育記録「教師修業」の記録

akimasao.exblog.jp

走り高跳び

昔,ある陸上の大会で,「走り高跳び」を見たときのことである。
走り高跳びにかなり時間がかかっていた。

時間がかかるのには理由があった。
走り高跳びには「パス」がある。
その大会では,子どもがパスをほとんどしていなかったのだ。

走り高跳びにどうしてパスがあるのか?今まで,考えたことがあまりなかった。
一つは,体力を温存するためである。
走り高跳びに出ている人は,他の種目にも出ていることが多い。
無駄な体力を使ってしまうと,走り高跳び以外の種目の成績が落ちてしまうというわけである。

高跳びで全国大会に行った子は,走り高跳びだけに出場していた。
なので,パスをほとんどせずに全部跳んで,調子を整えてからベスト記録を出していた。

パスの指導をできるのも教師の腕だと思った。
陸上の専門的な知識がどうしても必要になってくる。
[PR]
by akimasaomae | 2006-01-14 23:18 | 行事・イベント指導
<< 学生サークル運営記 ビー玉迷路 >>