ブログトップ

21世紀の教育記録「教師修業」の記録

akimasao.exblog.jp

今年新採用で学校に赴任される方へ (新採用教師,新卒教師のみなさまへ)

◇新卒時代を振り返ってもらい,教員にアンケートをとったことがあります。


 次のように答える人が圧倒的でした。

*************************

 1年目の仕事を甘く見ていた・・・・

*************************




◇教師1年目で失敗する教師は,実は共通することがあります。

*************************

 本を自分で買っていない。


 そして,読んでいない。


*************************
 


◇身銭を切って本を買う。

 
 それも,すぐに役立つ本がいいと思います。





◇この春に読んでほしい拙著を紹介していきます。


 3月から4月のはじめにどれだけの本を読めるか。それが新年度4月からの教師生活を決めてしまうのです。


 以下,読んでおいた方がよいと思える本を紹介します。

 



f0038779_12045330.jpg『教師で成功する術』

大前暁政著・小学館

amazon → 書籍紹介ページ
「失敗例」から学ぶ! それが教師生活を成功させる近道

失敗例を数多く紹介した本です。
実は,成功しようと思えば,失敗例を知っておけばよいのです。
最初の三つの失敗例だけでも知っておけば,困ることは激減します。





f0038779_9404862.jpg『子どもを自立へ導く 学級経営ピラミッド』
大前暁政著・明治図書

amazon → 書籍紹介ページ

学級経営の頂点とは?授業と学級経営を連動させ,子どもを自立へ導くステップを解説

「良い学級とはどのような学級でしょうか?」
良い学級をつくるには,学級経営の頂点の姿を知る必要があります。自分の学級はどの段階まで進んだのか。そして今後,どの段階に進めばよいのか。学級経営の底辺から頂点までのステップを解説しました。

春に近づきランキングも上位に入っています。お手にとっていただいた皆様ありがとうございました。




f0038779_9522336.jpg『若い教師がぶつかる「壁」を乗り越える指導法!』大前暁政著・学陽書房

amazon → 
書籍紹介ページ

手遅れになる前に身に付けたい、ワンランク上の指導技術!

「手遅れになる前に,これだけは学んでおきましょう。」 そうやって,教わってきた内容を紹介した本になっています。若い教師が「壁」を突破し,ワンランク上の教師になるために,必要不可欠な指導法を紹介しています。





f0038779_9571257.jpg『勉強ができる! クラスのつくり方』
大前暁政著・学陽書房

amazon → 
書籍紹介ページ

仕組みを知れば、誰でも「勉強ができるクラス」を実現できる!

勉強ができるクラスには、そのための仕組みが用意されています。本書では、学力を伸ばす道筋、基礎となる学力を上げるための土台づくり、「自主学習」「協同学習」の進め方など、具体的な指導法を余すことなく紹介しました。




f0038779_15592731.jpg『大前流 教師道』大前暁政著・学事出版

amazon → 
書籍紹介ページ

20代でプロ教師になる。その方法とは?

20代でプロの教師になることは可能です。でも,どうやってプロの腕を磨けばよいのでしょうか?本書は,20代のうちにどのような努力をしておけばよいのかの「内容」と「ステップ」を示したものです。教師に必要な8つの力を明記し,その力をつけるための筋道を紹介しました。





f0038779_10105140.jpg『プロ教師の「折れない心」の秘密~悩める教師への50のアドバイス~』
大前暁政著・明治図書

amazon → 
書籍紹介ページ

教師よ負けるな! 悩める教師を導く珠玉の名言・アドバイス

教師が悩み・苦しんだ時に、先輩や恩師の助言・アドバイスによって勇気づけられ、救われることがあります。本書では、そんな「教師としての心を鍛え、励ます」言葉の数々を、悩める先生方への50のアドバイスとしてまとめました。





f0038779_1016781.jpg『若い教師の成功術』大前暁政著・学陽書房

amazon → 
書籍紹介ページ

新卒から5年目までの歩み方

新卒から5年目までの,教師の歩みの記録です。

私の教師生活は,学級を立て直すことから始まりました。

1年目に,学級崩壊した子どもたちを受けもちました。

2年目には,さらに深刻な学級崩壊を経験している子どもたちを受けもちました。

授業の名人として知られた故・有田和正先生が推薦してくださった本です。版を重ね続けています。
若い先生にご紹介くださっている先生,手にとっていただいた先生に感謝申し上げます。





◇上に示した本に加えて,

 「学級づくりスタートダッシュ」(学陽書房)

 「授業づくりスタートダッシュ」(学陽書房)



 の2つは必読です。

 上の二つは,持っている人も多いかと思います。
 
 上の二つは,様々な人が「新卒全員に 配るべき本」と紹介してくださっています。

 ありがとうございます。


[PR]
by akimasaomae | 2017-02-23 12:11 | 新卒教師(新採用教員のために)
<< 「時代遅れの授業」と言われない... 教師の「リーダーシップ」とは? >>