ブログトップ

21世紀の教育記録「教師修業」の記録

akimasao.exblog.jp

新卒教師の必読書(授業編)~新採用教員のために~

f0038779_8124436.jpg
◆新卒教師の必読書。

 それは,授業のやり方がまとめてある本です。


 それも,授業技術全般にわたってまとめてある本が,一番良いです。


◆授業技術の大全集である 『プロ教師直伝! 授業成功のゴールデンルール』(明治図書) は,きっと,座右の一冊になることでしょう。



◆本書の執筆を考えたのは,今から10年以上前です。

 授業の上手,下手はどこからくるのか。
 
 授業がうまい人はどんな技術を使っているのか。

 
 そればっかり考えていました。



◆授業大全集のごとき本が必要なのだと,常々思っていました。

 私の友人も,皆授業で困っていました。

 初任者研修で出会った同期も,やはり授業で困っていました。

 ごくたまに授業で困っていないという若手に出会うこともありました。

 しかし,よく聞いてみると,「授業中のおしゃべり,不規則発言は当たり前のものとして,ほうっている。」とのことでした。つまり,最初からあきらめているのです。
 もちろん,普段の授業は騒乱状態だったそうです。

 
 他にも,「授業は子どもが主役であり,教師は子どもを支援するだけなのだから,授業の上手下手も関係ない」といった人にも出会いました。
 
 私には,納得いきませんでした。

 「授業が上手い人が,授業の主役は子どもだよ,と言うのならわかる。」
 「しかし,授業が下手なくせに,授業の主役は子どもだといって,授業の腕を磨こうとしないのは,「教師の逃げ」ではないのか?」
 
 そう思っていました。


 実は,「授業で困っている」と答えた教師の方が,教師としての誠意が感じられました。
 
 


◆ところが,学ぼうにも,授業大全集のごとき本は皆無でした。


 若手の間で,このことが問題として挙がったことがありました。

 『授業技術に関して,おおざっぱに楽しく解説してくれている本はあるが,全ての授業技術をまとめたような本がない』,と言うのです。

 確かに,古今東西の授業技術をまとめた本は,皆無でした。

 

◆10年以上前に,私は,古今東西の授業技術を調べ尽くす決意をしました。
 
 絶版の本が多く,手に入れるのに,数万円もする本がありました。

 それを大量に購入しました。

 絶版の本を調べ,在庫表示が出た瞬間に購入するといったことが続きました。

 どうしても在庫がなく,大昔過ぎて手に入らない本は,図書館で調べました。
 
 図書館にこもっていた日々が懐かしく思い出されます。

 
 ひたすら本を読むという基礎作業を続けました。たった一人で,です。



 少なくとも数百万円分の情報が,この一冊に詰まっていることになります。

 

f0038779_884111.jpg ◆本書の存在は,まだ,ほとんど知られていません。
 
 
 心ある教師,志を同じくする教師に,本書の存在を知らせてほしいと思います。


 それでこそ,私や私と同年代の教師が授業で苦しんだ日々が報われます。

 
 今の若手は,同じような苦しみを味わう必要はありません。


 ついにamazonでも発売されました。 

  amazonへ → 『プロ教師直伝! 授業成功のゴールデンルール』(明治図書)
[PR]
by akimasaomae | 2013-03-08 21:22 | 新卒教師(新採用教員のために)
<< 佐藤正寿先生の新刊 いよいよ発刊されます。『プロ教... >>