ブログトップ

21世紀の教育記録「教師修業」の記録

akimasao.exblog.jp

若い教師にとって,一番大切な姿勢とは何か

◇「若い教師にとって,一番大切な姿勢とは何か」の論文を書きました。

 黎明書房のホームページに掲載されています。

********************

 黎明書房のホームページ
 
 「初任の先生・若い先生への応援メッセージ」 

********************

 みなさんは,「若い教師にとって,一番大切な姿勢とは何か」と尋ねられたらどう答えられるでしょうか。


 私が個人的に,よく聞かされた言葉を紹介します。

 ①「子どもの自主性に任せる姿勢」 
 
 これも大切です。
 
 
 ②「先生は子どもの支援者なのだよ。陰で支える役をしなくちゃ」

 これも大切です。

 ただ,私はもう少し別のものをイメージしています。

 教師になったばかりの人。

 初めて担任をもつことになった人。

 教師になって数年の人。

 そういう人にとって,「一番大切な姿勢」とは何でしょうか。


◇実は,学生さんから質問が多いのもこの点なのです。

 初任者から質問が多いのもこの点なのです。

 
 子どもの自主性に任せたら,だんだんと無茶をする子が出てきてクラスががちゃがちゃになった。

 子どもを陰で支える役にまわっても,あまり子どもが伸びたように感じない・・・。


 こういった質問がよく出ます。

 クラスが荒れたと訴える若い教師にとって,何が足りなかったのでしょうか。

 その答えを示しました。 
[PR]
by akimasaomae | 2011-03-30 09:29
<< 理科教育の危機 「教師のノート術」で反響があった内容 >>