ブログトップ

21世紀の教育記録「教師修業」の記録

akimasao.exblog.jp

仕事を早く終わらせるために

◇ 「若い教師の成功術」に書かれてある「仕事術」が参考になりましたと、
 若い先生や学生さんから、いくつかのお手紙をいただきました。
 
 「若い教師の成功術」には、定時に帰るための仕事の工夫を書いています。
 
 新卒当時は、仕事のやり方を知りませんでした。
 毎日、7時になったり、8時になったりしてから帰っていました。
 
 学期末には、8時になっても仕事が終わらないこともありました。
 
 困って仕事を家に持って帰っていたこともありました。
 

◇仕事の工夫を知ってからは、仕事が驚くほど、早く終わるようになりました。
 
 放課後に事務処理をしていることはほとんどありません。
 テストの採点やノートのチェックなど、全て終わっています。
 教室の掲示や、校務分掌、提出書類など、雑務を放課後には、できるだけしなくても済むように仕事を組んでいるのです。


◇放課後に雑務がない分、教材研究など、創造的な仕事の時間にまわすようにしています。
 
  教師の仕事で、雑務も大切です。
  でも、雑務で終わってしまうのは、少しさみしいと思うのです。
  創造的な仕事にも、時間を使いたいと思っているのです。

  時間を生み出すための仕事の文法はそんなに難しくありません。
 
  知れば、誰でもできることです。

  知らないと、やはり、毎日遅くまで学校に残ることになります。

  是非、仕事術の方法を知ってほしいと思います。

 「若い教師の成功術」
[PR]
by akimasaomae | 2009-01-10 15:28 | 授業の技術と技能
<< 新卒教師が1年間のクラスをまと... 理科で身につけたい問題解決の能... >>